ネットの中には、無料で楽しく活用出来るサービスがいくつもあります。
特に人気なのはSNS。
料金が必要ありません。
登録すれば、いろいろな方と交流出来るような、そんなサービスです。
TwitterだとかFacebookは、たくさんのユーザーで溢れかえっている状態です。
私もこのサービスは利用しているし、とても楽しく使えています。
いろいろな話をいろいろな方とできますから。
交流も広がっていく。
たくさんの情報をもらえる。
本当に便利な世界だと思います。
だけど、パパ活には利用できないと、バイト仲間が話し出しました。
「ユーザーが多いし、とても使いやすいからね。ここでパパ活すれば何とかなるんじゃないかな?そんな気持ちになった。それで、デート・パパ募集なんてやってみたんだけどね」
その結果は惨たんたるもの。
とにかく誹謗中傷が多い。
ネットで言うところの、炎上してしまったようです。
「やっぱり、交流する目的のサービスだし、出会いには向いていなかったみたい」
次に目をつけたのが無料の掲示板だったのだそうです。
彼女はパパ募集掲示板だとか、愛人募集掲示板を見つけ、食事パパを募集したそうです。
メールはたくさん届くと言っていました。
だけどその内容が大問題。
どのメールにも、セフレになりたいとか、援助交際をしたいといった、体目的の内容のメッセージが書かれていたようです。
「我慢して使って、やっと食事だけでアポしたの。そうしたら、初回だけセックスありって言われたことがある」
怖くなって逃げ帰ったようです。
「完全無料で、匿名性が高いところで、出会いには向いていないなって思ってね。それから、出会いの方法を調べるようになったんだ」
その結果、一つの答えを出せたようでした。
それが人気の高い、有名な大手出会い系サイトだったようです。