カテゴリー
相性

ゲイのサポート

今は映画館もシネコンが主流化してエンターテイメント性は格段に増した。
ただ、僕のようなミニシアターに慣れた孤独な映画ファンにとっては、シネコンは広すぎて、どうにも落ち着かないものだ。
僕の学生時代は、各地に映画館があった。僕の地元だけでも邦画専門、洋画専門や、任侠ものばかりやっている映画館、そして成人映画館(いわゆるポルノ映画)と数々の施設があった。既に当時はテレビ文化が中心であり、映画産業は斜陽の時代には入っていたものの、まだまだ地元の映画館経営者は頑張っていたと思う。
しかし、レンタルビデオが一般化してきて、さすがに時代の波に飲み込まれてしまったのか、僕が成人する頃にはそれらの映画館は軒並み閉館となっていた・・・ただ一つ、成人映画館を除いて。
気づけば僕も成人映画を鑑賞できる年齢になっていた。もはやいつ潰れるかわからないこの映画館で一度はポルノ映画を見たいと思ったものだ。
ノンケ喰い
ただ、この映画館には一つの噂があった。ゲイのハッテン場だと言うものだ。1000円払って入館して、ゲイに1000円で手を握られたり、お尻や股間を触らせたりして、映画館を出てくる頃には払った1000円が10000円くらいになって戻ってくる、と言う話も聞いたことがある。まるでゲイのサポートのような状況だったらしい。
とは言え、いずれもまた聞きであり、実際にゲイのサポートを受けたと言う人間は誰一人として僕の周りにはいなかった。結局、僕はポルノ映画を体験したいと言う気持ちの方が勝って、幼少期からの念願であった成人映画館のドアを潜ったのである。
客は居眠りしている爺さんくらいしかいなかった。そんな中で僕は昭和の頃のロマンポルノをぽつんと見ていた。結局、ゲイどころか客さえもほぼいないオチだった。
程なくして、その映画館も閉館してしまった。閉館前に勇気を出して映画を見に行けたことは自分の中では誇りのように思っている。それをきっかけに僕は北海道から沖縄まで全国の小劇場を訪れて自分の記憶に刻むことをライフワークにし始めたのだ。
そうすると鑑賞料金はともかく旅費がかかる。そのため、資金をねん出するために、映画館で出会ったゲイにお尻や股間を触らせて1000円もらっている日々を続けている。シネコンでは難しいどね。
テレH掲示板
電話エッチ掲示板

カテゴリー
相性

パパ活アプリ

 パパ活アプリも、いろいろあるんですよね。
私、これといった知識を持っていませんでした。
それでいて、パパ活には強い関心がありました。
大学生活を謳歌するためにも、パパ活って必要だったからです。
より多くの収入で、友達たちと楽しむ。
アルバイトばかりの大学生活では、意味がありません。
パパを探すため、適当に見つけたパパ活アプリで活動して行こうと思ってしまいました。

 無作為にチョイスしたパパ活アプリは、冷やかしの連絡も多数でした。
これは、ネットの世界だからしかたがない部分だと思いました。
利用している人たちもいるわけだし、デートパパなんて何とかなる。
とっても気軽に考えていて、募集を継続していきました。
嫌がらせメッセージなどは、すべてスルーして行きました。

 パパ活アプリで、食事のデートに誘われた時は、本気で喜びを感じました。
かなり高額な提案でした。
都度の5万円支払い提示です。
これで大学生活が、確実に盛り上がる。
友達たちとの時間も増やせる。
沢山思い出も作れる。
刹那的に、プラス思考が働きまくってしまっていました。
お金助けて

 待ち合わせして、食事に行くことになったのですが、噂されていた高級レストランではなく、一般的なレストランでした。
それでも5万円の収入。
もう、ワクワク感が止まらずに、ずっと笑顔でした。
食事が終わりかけた時のことです。
「スマホに連絡が入った。ちょっと電話してくるね」
席を立ってしまったのです。
そして、その男性は帰ってきませんでした。

 食い逃げ詐欺の被害者になるなんて思ってもいませんでした。
食事代は、当然すべて私の支払い。
それでなくても少ないお小遣いを、無駄に消費することになってしまいました。

 帰宅してから、とんでもない後悔の気分が持ち上がってきてしまいました。
なぜ待ち合わせしてしまったのか?
なぜ信じてしまったのか?
今となっては、あとの祭りです。
お金あげます掲示板
お金助けて掲示板

カテゴリー
相性

お金くれる人

お金くれる人としての立ち位置で確立しちゃうと、それ以上の関係って望めないのかな・・・。
自分、ずっと女性にもてなかったんですよね。それで、お金くれる人としての立ち位置って感じで、キャバクラに勤めてた子と付き合うようになって・・・
もしかしたら、相手からすると、ただのパトロンみたいな立ち位置だったのかもしれないけど、自分は付き合ってるつもりだったんだ・・・。
自分にはもったいないくらいの、きれいな人だったし、自分の女って気もしなかったけど、お金くれる人としてでも付き合ってくれるし、自分を認識して、ちゃんと付き合ってくれる女性ってその人しかいなかったんだよね。
自分の中では、このままお付き合いして結婚・・・って考えはあったんだけど、しばらくすると、アラって見えてくるでしょ。
パトロンとの出会い
つまり、他の男の影だよね。
自分に自信がないから、突っ込めなかったんだよね。
他に男がいるってさまざまな証拠があっても見ないふりしてたの。
お金くれる人としてでもいい、取り合えず自分を認識してくれる、自分と付き合ってくれる人がいてくれるだけで満足って思うようにして。
自分を騙してたんだよ、事実から目をそむけたかったというか。
所詮お金くれる人でしかない。こんな自分と真面目に付き合ってくれるわけがない、どこかで自分をそうやって卑下してた。
だから、男の影があっても、嫉妬すらできなかった。怒ることなんてできないし、相手の男と対決なんて、夢のまた夢。
どうしようもない男だって分かってたから、彼女もお金くれる人としてしか自分を見てくれなかったんだろうね。
LINEパパ活
お金くれるパパ