カテゴリー
相性

ゲイのサポート

今は映画館もシネコンが主流化してエンターテイメント性は格段に増した。
ただ、僕のようなミニシアターに慣れた孤独な映画ファンにとっては、シネコンは広すぎて、どうにも落ち着かないものだ。
僕の学生時代は、各地に映画館があった。僕の地元だけでも邦画専門、洋画専門や、任侠ものばかりやっている映画館、そして成人映画館(いわゆるポルノ映画)と数々の施設があった。既に当時はテレビ文化が中心であり、映画産業は斜陽の時代には入っていたものの、まだまだ地元の映画館経営者は頑張っていたと思う。
しかし、レンタルビデオが一般化してきて、さすがに時代の波に飲み込まれてしまったのか、僕が成人する頃にはそれらの映画館は軒並み閉館となっていた・・・ただ一つ、成人映画館を除いて。
気づけば僕も成人映画を鑑賞できる年齢になっていた。もはやいつ潰れるかわからないこの映画館で一度はポルノ映画を見たいと思ったものだ。
ノンケ喰い
ただ、この映画館には一つの噂があった。ゲイのハッテン場だと言うものだ。1000円払って入館して、ゲイに1000円で手を握られたり、お尻や股間を触らせたりして、映画館を出てくる頃には払った1000円が10000円くらいになって戻ってくる、と言う話も聞いたことがある。まるでゲイのサポートのような状況だったらしい。
とは言え、いずれもまた聞きであり、実際にゲイのサポートを受けたと言う人間は誰一人として僕の周りにはいなかった。結局、僕はポルノ映画を体験したいと言う気持ちの方が勝って、幼少期からの念願であった成人映画館のドアを潜ったのである。
客は居眠りしている爺さんくらいしかいなかった。そんな中で僕は昭和の頃のロマンポルノをぽつんと見ていた。結局、ゲイどころか客さえもほぼいないオチだった。
程なくして、その映画館も閉館してしまった。閉館前に勇気を出して映画を見に行けたことは自分の中では誇りのように思っている。それをきっかけに僕は北海道から沖縄まで全国の小劇場を訪れて自分の記憶に刻むことをライフワークにし始めたのだ。
そうすると鑑賞料金はともかく旅費がかかる。そのため、資金をねん出するために、映画館で出会ったゲイにお尻や股間を触らせて1000円もらっている日々を続けている。シネコンでは難しいどね。
テレH掲示板
電話エッチ掲示板

カテゴリー
その他

愛人募集掲示板

自営業をしています。物づくりの仕事なので何人かの従業員を雇っています。前は妻も働いていましたが子育てに追われ妻は辞めましたがそのおかげで前よりも自由がきいているせいか、従業員の女性とランチをしに行ったりもしています。もちろん妻がいるから自分から誘ったりはしません。よく誘ってくれるその女性の名前はユウキちゃん。彼女から誘ってくるので断るのも失礼かなと思い付き合ってます。そんな彼女から「愛人募集掲示板なんか利用していないし、愛人にも興味ないのに社長に知り合ってから、社長は優しいし、素敵だし結婚しても気にしないから社長の愛人になりたいと思ってしまう。」と、告白をされました。愛人募集掲示板という言葉を知っていて彼女は愛人の経験者と思いながらその告白は嬉しかった。
愛人募集掲示板を利用したホステスの私が生活費の支援を受けた経緯
それからは、従業員の人にはバレないように彼女と交際を続けました。仕事中に極力彼女に話しかけなければバレない。それを徹底しました。そして、彼女と2人で会うときは私はいつも会社を最後に出るのでその時に彼女と1時間だけでも毎日2人の時間を作りました。
ある日、男性従業員が私に恋愛の相談をしてきました。男性が好きになった女性は私の愛人ユウキちゃんでした。悩みの相談されてもどんなふうに答えれば分からなく、恋愛はよく分からないと言って誤魔化しましたが内心では彼女が取られないかすごく不安でした。今回のことを彼女に伝えると「安心した。社長が私にやきもちを焼いてくれるなんて私1人の恋愛だと思っていたから。」と言われて私はますます彼女に対しての独占力が強くなってきたなと思いました。
アラフォーのパパ活
お金あげます掲示板

カテゴリー
誘惑

ハッピーメールでセフレ探し

 ハッピーメールでセフレ探しで知り合った、24歳の美沙は、結構な美人でした。
こんな綺麗な顔の女の子が、出会い系にいること自体も驚くばかり。
ハッピーメールでセフレ探しをするのって、滅茶苦茶良いことなんだなって痛感した出会いにもなりました。

 25歳、どこにでもいるリーマンです。
ほとんどのリーマンがそうであるかのように、出会いがありませんでした。
そこで、同僚から教えてもらったハッピーメールを使ってみることにしました。
「ハッピーメールでセフレ探しをすれば、確実に釣り上がるから、関係作れる」
同僚が最近ハッピーメールを利用して、実際にセフレを見つけられたようで強く推薦してくれたのです。
不満も強かったため、セフレは喉から手が出るくらい欲しい存在でした。

 やりとりした美沙の顔を見た時は、腰を抜かしそうなほどの驚きを感じてしまったのです。
綺麗、それ以外の言葉を思い出せませんでした。
彼氏と別れてから、約2ヶ月エッチをしていなかった彼女、それなりの気持ちがあったのでしょう。
仕事帰りに、お酒に付き合ってもらうことになりました。
上手く取り入ってホテルに向かう計画を、脳内で練りまくってしまいました。
セフレ探し

 美沙の尋常じゃない透明感のある美しさは、誰もが目を見張るものがありました。
周囲の男たちも、チラ見しているくらい。
こういう出会いを見つけられ、心底ハッピーメールに感謝してしまった瞬間でした。
お酒を飲んでも荒れることがなく、とても魅力的な笑顔を見せてくれる美沙に、興奮のボルテージが上がり続けるような状態でした。

 美沙の手を握り「休憩はいける?」熱い視線を送ってみました。
少し照れた様子で、顔を赤くしている美沙の魅力は半端なものではありませんでした。
少ししてから「うん・・」と返事をくれました。
瞬間、心の中の自分は万歳三唱でした。

 美人をセフレに出来るなんて、人生最大の幸福だったと思います。
裸にしてみれば、その肉体もとても綺麗でした。
しばらくセックスをしていなかった美沙は、顔を赤くしながらもすごくエロい声を出して感じまくってくれました。
フェラだって、とっても積極的に舐め尽くしてくれるような状態。
綺麗な女の子との関係に、ひたすらテンションを上げながら、攻め続けた感じでした。
美女のオマンコは、それだけでも最高の快楽でした。
バツイチのパパ活
金づる