カテゴリー
恋愛

ただまん

彼氏とケンカした時に、「お前なんかただのただまんだよ!」って決定的なこと言われて、それで私もキレて、そのまま会ってない。
なんだけど、その元彼がなんか最近私の周りをうろちょろしてるんだよね。
うちの近くのコンビニで見かけたこともあったし、私が友達とよく行く飲み屋さんにいたり。
目の中に彼が入ると速攻無視するか、立ち去るようにしてるんだけど、すごい目ざわり。
だって、こう頻繁に目撃すると、目が勝手に元彼探しちゃうじゃん。
「まさかこんな所にいるわけないよね・・・」ってつい探しちゃうんだよ。で、見つけちゃうんだよ!私。
腹立つわ~。ただまん呼ばわりされて、付きまとわれて、それで何か話しかけてくるわけでもなく、なんか物欲しそうにじーっと見られて・・・キモッ!
元彼のこと、どんどん嫌いになって、どんどんイヤになって、ほんと、ゴキブリみたいな感覚で嫌い。
セフレ募集
別に何かされるわけじゃないの。話しかけてくるわけでもないし。
元彼の全部ブロックしてあるんだけど、元彼、どうやら裏垢とか使って接触を試みてるみたいなんだよね。
彼女のことを「ただまん」呼ばわりするような男、口も聞きたくないし、存在消したい。
付きあった期間は、数カ月だったの。ネットで知り合って、それで仲良くなって付きあうことになったけど・・・
ケンカの原因はもう覚えてないくらいの些細なことだよ。
だけど、そこで決定的なこと、男から絶対に言われたくないこと、彼氏から言われたら決定的な別れを決断する一言を言われた、それだけでもう十分だと思うけど!
割り切り募集掲示板
タダマン

カテゴリー
恋愛

食事するだけでお金

 食事するだけでお金儲けになるって、半端でなく魅力を感じますよね。
ついに私も、そんな関係を手に出来てしまいました。
これでも、結構な努力をしました。
ネットの世界って広いから、太っ腹なお金持ちがいるんです。
本当なんですよ。
本当に、食事するだけでお金儲けが出来てしまうんです。
それまで欲しくても購入出来なかったものも、手軽に手を出せるようになりました。

 高校卒業してから、現在の職場で仕事をしている21歳です。
社員寮で生活をしています。
社員寮ですから、多少は家賃が安い。
だけど給料が安いから、遊ぶお金とか出すことが厳しくて困っていたんです。
今は彼氏もいないし、お金もないしで、トホホな生活を余儀なくされていました。

 偶然見つけたネットの記事に、目が釘付けになりました。
食事するだけでお金が発生すると言うのです。
普通だったら、セックスしてお金が発生するものなのに、食事だけって何?
本気で驚いてしまいました。
パトロンの探し方を友人から教わる事に

 食事するだけでお金を出す、リッチな男性たちの存在には、気持ちが盛り上がっていました。
出会いを探すためにも、出会い系アプリが必須だったので、すぐ登録してしまいました。
デートだけの関係は、何より安心。
安心なのに、お金に繋がる。
期待を込めて募集を開始している私がいました。

 ちょっと時間がかかりました。
だけど、諦めない気持ちで募集した結果が出たんです。
美人じゃない私なのに、毎週時間を割いて欲しいという男性が登場。
オイシイ料理屋さんに連れて行ってくれて、ご飯をご馳走してくれる。
さらに、帰りにはいつだって万札を手渡してくれる。
魅力いっぱいの男性との出会いが見つかりました。
定期的に待ち合わせ出来るから、その収入額も大きいのです。
食事するだけでお金もらって、すっかりリッチ気分を味わえるようになりました。
処女狩り
処女狩り

カテゴリー
相性

お金くれる人

お金くれる人としての立ち位置で確立しちゃうと、それ以上の関係って望めないのかな・・・。
自分、ずっと女性にもてなかったんですよね。それで、お金くれる人としての立ち位置って感じで、キャバクラに勤めてた子と付き合うようになって・・・
もしかしたら、相手からすると、ただのパトロンみたいな立ち位置だったのかもしれないけど、自分は付き合ってるつもりだったんだ・・・。
自分にはもったいないくらいの、きれいな人だったし、自分の女って気もしなかったけど、お金くれる人としてでも付き合ってくれるし、自分を認識して、ちゃんと付き合ってくれる女性ってその人しかいなかったんだよね。
自分の中では、このままお付き合いして結婚・・・って考えはあったんだけど、しばらくすると、アラって見えてくるでしょ。
パトロンとの出会い
つまり、他の男の影だよね。
自分に自信がないから、突っ込めなかったんだよね。
他に男がいるってさまざまな証拠があっても見ないふりしてたの。
お金くれる人としてでもいい、取り合えず自分を認識してくれる、自分と付き合ってくれる人がいてくれるだけで満足って思うようにして。
自分を騙してたんだよ、事実から目をそむけたかったというか。
所詮お金くれる人でしかない。こんな自分と真面目に付き合ってくれるわけがない、どこかで自分をそうやって卑下してた。
だから、男の影があっても、嫉妬すらできなかった。怒ることなんてできないし、相手の男と対決なんて、夢のまた夢。
どうしようもない男だって分かってたから、彼女もお金くれる人としてしか自分を見てくれなかったんだろうね。
LINEパパ活
お金くれるパパ